人生の要である仕事関連・働き方に関する情報を書いていきたいです

〜インドア派のあなたへ〜映画を楽しむならアマゾンプライムに入るべし!

  • 2019年4月23日
  • 2019年4月29日
  • 日常

よくCMなどでも目にするアマゾンプライム。加入するか悩んでるあなたへ、その特典や年会費について解説していきたいと思います!

アマゾンプライムって何?

Amazonが提供する有料会員サービスです。有料だけあって、特典の種類はとても豊富です。

特典その1 配送料が無料

1番の特典はやはり配送料が無料になることでしょう。Amazonから配送される商品の場合、注文金額合計が2000円以下だと400円の配送料がかかってしまいます(北海道・九州・沖縄・離島だと440円)。プライム会員だとこれが0円になります。とても嬉しいです。

特典その2 お急ぎ便、日時指定便が無料

荷物が翌日や2日後には届く「お急ぎ便」や「日時指定便」を利用するときには通常だと500円かかります。当日お急ぎ便だと600円かかります(北海道・九州だと、さらに+40円)。プライム会員だとこれが0円になります。

*送料無料になるのはAmazonから配送される商品だけ*

注意したいのが、配送料やお急ぎ便、日時指定便が無料になるのは「Amazonから配送される商品のみ」です。例えば中古本なんかはAmazonからは配送されないので、送料がかかってしまいます。

商品一覧ページで「プライム」というマークがついていれば、通常配送料もお急ぎ便も日時指定も無料です。

特典その3 primeビデオで映画、ドラマ、アニメが見放題

プライムビデオとは、Amazonプライム会員だけが利用できるサービスです。映画やドラマなどが追加料金なしで見放題になります。

特典その4 Prime Musicで音楽が聴き放題

プライム会員になるとPrime Musicのアプリを通して100万曲以上が追加料金なしで聴き放題になります。洋楽、邦楽、ポップ、ロック、ジャズ、クラシックとジャンル問わず多数の曲が揃っています。

特典その5 Prime Readingで本が読める

Prime Readingに登録された電子書籍が読み放題になります。Kindle端末を持っていなくとも、スマホやタブレットでKindleアプリを入れれば読むことができるところが便利です。

特典その6 Primeラジオが聴き放題

Amazonプライムラジオは、Prime Musicの機能の1つです。ジャンルを選ぶと、自動で音楽を流し続けてくれます。楽曲は何回でも飛ばすことができます。BGMとして何か流しておきたいときに便利だったりします。

特典その7 Kindleが4000円引きになる

電子書籍リーダーの「Kindle」を買う予定のある人向けの特典です。プライム会員は各種キンドルを4000円引きで購入できるようになります。キンドルだけ買うために「無料体験⇒購入⇒期間中に解約」ということもできます。

特典その8 kindle本が毎月1冊無料で読める

Amazonプライムに入っていると、「Kindleオーナーライブラリー」の中から毎月1冊選んで無料で読むことができます。普通に購入すると500〜1000円くらいする本もあるので、ちゃんと毎月読んでいたらそれだけで会員費の元は取れると言っても良いでしょう。

特典その9 Amazonパントリーで日用品をお手軽に購入

Amazonパントリーとは、日用品や食料品、お酒などを1つのダンボールに入れてまとめ買いできるサービスです。

特典その10 プライムデーに参加できる

Amazonでは毎年7月に「プライムデー」という超特大セールが行われています。電子機器からゲーム、日用品、ファッション、ソフトウェアなどまであらゆるものが大幅値引きで売り出されます。このセールにはAmazonプライム会員だけが参加できるのです。またAmazonはタイムセールを行っており、人気のものはすぐに売り切れに。プライム会員は早くこのセールに参加できます。

特典その11 商品が1時間で届くプライムナウが使える

プライムナウは、注文した商品が1時間以内に届くAmazonプライム会員向けサービスです。今のところ対象地域はほぼ都内だけです。
対象エリアをチェック
また、1時間配送だとプライム会員費とは別に1回890円がかかります(2時間配送だと無料)。あまり使う機会は無いかもしれませんが、「家から出れないけど緊急で欲しいものがある」というときには良いかもしれませんね。

特典その12 プライムフォトで写真が保存できる

プライムフォトとは、写真を何枚でもオンライン上に保存できるサービスです。プライム会員であれば、無制限に保存することができます。ただし、退会する際に注意。

便利なのですが、注意したいのはAmazonプライム会員を解約したら、5GB以上は使えなくなるということ。5GBまでは無料なので使い続けることができるのですが、それ以上の容量になると削除されてしまう可能性があります(利用規約1.4)。クラウドだとデータ移行が面倒な可能性があるので、プライム会員を辞めることも考えているのであれば、ヘビーユースするのはおすすめできません。

特典その13 Amazonフレッシュで生鮮食品が買える

Amazonフレッシュは野菜や食料品、日用品(キッチン用品、文房具、オムツ…)などを届けてくれるプライム会員限定のサービスです。生鮮食品はちゃんと温度管理をして届けてくれます。

嬉しいのが朝8時〜深夜の0時まで受け取り指定ができること。仕事で帰りが遅くなる人でも受取りができるわけですね。だだしこれも対象地域に制限があり、いまのところ東京の一部にしか対応していません。

特典14 プライムワードローブで試着ができる

プライム・ワードロープは、服やシューズ、バッグ、腕時計などを3〜8点まとめて取りよせて試着できるサービスです。プライム会員なら送料も、返送料もかかりません。気に入ったもの以外は遠慮なく返品できるので「Amazonで買いたいけどサイズが合うか不安」「素材がどんなものか確認しておきたい」というときにおすすめです。

Amazonプライムの特典まとめ

ここまで紹介してきた特典をまとめておきます。

 特典を振り返り

  1. 配送料が無料に
  2. お急ぎ便や日時指定が無料に
  3. Primeビデオで映画やドラマが見放題
  4. Prime Musicで音楽が聴き放題
  5. Prime Readingで無料で本を読める
  6. Primeラジオが使える
  7. Kindleが4000円引きで買える
  8. Kindle本が月1冊無料
  9. Amazonパントリーでまとめ買いできる
  10. プライムデーに参加できる
  11. 商品が1時間で届くプライムナウが使える
  12. プライムフォトで写真が保存できる
  13. Amazonフレッシュで生鮮食品が買える
  14. プライム・ワードローブで試着が気軽に

Amazonプライム会員になるべき?

月あたり数百円で「映画」「音楽」「本」などがたっぷり楽しめることを考えると、かなりお得だと思います。Amazonで月1回くらいの頻度で買い物するのであれば、プライム会員に登録しておくべきでしょう。何にせよ、まずは無料体験で試してみるのがベストですね。無料期間内に簡単に解約することもできます。

amazon primeを体験!

自動延長される?

期間が終わると、自動で有料プランに移行されます。有料プランを利用するつもりがなければ、以下の手順で解約手続きをしておきましょう。なお、解約手続きを早めにしても30日間は無料で使えます。つまり「解約し忘れそうで怖い」という場合には、無料体験登録後すぐに自動解約手続きをしておけば良いわけですね。


まとめ

冒頭でも述べたように、映画などが無料で見れちゃうところがおすすめポイントですね。他の動画配信サービスよりも値段が安くて特典がたくさんあるところが魅力です。ぜひチェックしてみてください!

amazon primeを体験!

日常の最新記事8件